醫療保健學部

作業療法學科

現場體験を通した學びで、豊かな人間性と臨床力を身につける。

作業療法學科

Department of Occupational?Therapy

社會復帰を支援する実踐的な「臨床力」を備えた作業療法士の養成を目指して、リハビリテーション技術を磨く実習を數多く実施。実踐的な學びを重視しています。

MESSAGE

學科長挨拶&在學生の聲

  • 村井弘育教授 作業療法學科長

    Occupational Therapy(作業療法)は、クリエイティブな仕事です。基礎醫學を學び、治療方法として最適なOccupation(作業)を通して、患者様を治療し、支援します。作業療法學科では、臨床力を培い、育て、磨くことを目標に、學生のみなさんが「作業療法って面白い!」と感じることができるようなカリキュラムを多數用意しています。


  • 西山泰雅 香川県立丸亀城西高等學校出身

    作業療法學科では、「身體」「精神」「老年期」「発達」の4つの領域を學びます。中でも私は精神分野に興味があります。將來は、社會復帰に対して不安を抱える統合失調癥やうつ病の患者様に対して、少人數での運動やレクリエーションなどを通して、社會と繋がるきっかけを作る作業療法士を目指したいです。

POINTS

作業療法學科の特徴

  • 01

    1年次から現場を體験して
    臨床力を身につける

    體験と実踐で學べるカリキュラムを段階的に整備。著実に臨床力を高めていきます。

  • 02

    対象者の立場を知る
    地域貢獻活動

    入學2週目から地域連攜?貢獻活動を開始。さまざまな立場の人たちと觸れ合います。

  • 03

    エキスパート教員が
    最先端技術を伝授する

    発達障がいや高齢者支援など、各分野のエキスパートから理論と技術が學べます。

取得を目指す資格

作業療法士

身體や精神の障がいによって生活に困難さが生じた人に対して、さまざまな作業活動(趣味?家事等)を通して、機能回復?困難さの軽減を図り、対象者の「望む人生」「人生の楽しさ」を支援します。

TOPICS

作業療法學科 トピックス

  • こどもたちとの觸れ合いの場

    発達障がい支援施設「プレイルーム」

    楽しい遊具や「スヌーズレン」という音や光の感覚空間を用意し、遊び場サポート“わくわく”として地域に開放。こどもたちの遊び場としてはもちろん、子育て支援、発達障がい支援団體との連攜事業にも活用されています。

    楽しい遊具や「スヌーズレン」という音や光の感覚空間を用意し、遊び場サポート“わくわく”として地域に開放。こどもたちの遊び場としてはもちろん、子育て支援、発達障がい支援団體との連攜事業にも活用されています。

  • 地域の人々との交流の機會

    障がい者から教わる「さをり織り」

    「作業學実習」の授業の一環として、2007年から障がい福祉サービス事業所「さをり工房ゆう」に通う障がい者とスタッフを招き、織物の一種「さをり織り」を教わっています。障がい者と交流する良い機會となっています。

    回を重ねるごとにお互いにうち解け、會話を楽しみながら作業ができました。たとえ障がいをもっていても、さをり織りに情熱をもって取り組んでおられる皆さんは輝いておられました。

RELATION

関連リンク

ページの先頭へ

永久免费A片在线观看全网站-国产成人综合亚洲色就色